スタッフインタビュー「もりぞう★GARDEN」

Q. 本日はよろしくお願いします。

 

A. よろしくお願いします、まずは自己紹介ですかね。

 

Q. あっ、はいお願いします。

 

A. 私、もりぞう★ガーデンと申します。

本日はよろしくお願いします。

 

Q.…なんか面接みたいになってますね(笑)

じゃあ初めにそのもりぞうさん自身のことについて伺っていきたいと思うんですが、まず特技、得意なことについて教えてください。

 

A. 特技ですか、そうですね…

僕いま大学生で、軽音部で活動してまして、ちょっっっとだけですけど、楽器が弾けますね。

 

Q. めちゃくちゃ謙遜しますね(笑)

 

A. いやもうほんとちょっとだけなんで(笑)

 

Q. 何の楽器を担当されてるんですか?

 

A. ベースを担当してます。

 

Q. いいですね、渋いですね。

 

A. いいでしょ、渋いんですよ。縁の下の力持ちと言うか。

で、「ベーシストに『変態』は誉め言葉」って言葉があるので、ダーツでも「変態」になりたいですね。

「あいつめちゃめちゃ上手いやんきもっ、変態やな」みたいな感じで。

 

Q. おー、それいいですね。

ベースの魅力って何ですか?

 

A. それちゃんと話すと凄く長くなるんですけど(笑)

まあ、ギターはメロディを奏でるもので、ドラムはリズムを重視するものだと思うんです。

主観なので実際は違うかもしれないですけど僕はそう思っていて、で、ベースはメロディとリズム両方担当するものだと思ってます。

リズムでしっかり支えないといけないし、メロディも奏でないといけない。

すごくやることがいっぱいあるがゆえに、突き詰めるところが多いというか…

ダーツもそうですけど、簡単なものってすぐ飽きてしまうんですけど、ベースはなっかなか上手にならなくて、だからそういう奥深いところがベースの良いところだと思いますね。

まあ単純に楽しいっていうのもあるんですけど。

 

Q. 演奏者目線で好きな曲ってあるんですか?

 

A. 最近紅白とかで出てらした King Gnu とかすごく好きなアーティストさんですね。

一般の人の聴く目線と僕らが聴く目線って凄く違っちゃうんですけど、King Gnu は凄く難しくて、気持ち悪ってなるんですよ。言うたらさっき言った「変態」ですよね。

こんなこと言うの恐れ多いんですけど、楽器弾いてる目線で言うと、聴いてるうちに「好き」じゃなくて、「嫉妬」しちゃうんですよね。うわこんなん…無理やん。みたいな。

僕ベース担当なんでベースを耳で追っちゃう癖があるんですけど、King Gnu のベース、化け物です。

あっ、褒めてますよ。King Gnu 好きですよ、大好きですよ。

 

Q.「ベースに『変態』は誉め言葉」ですもんね。

 

A. そうです、褒めてます。

すごく嫉妬しちゃいますね。

嫉妬しちゃうくらいすごいです。

 

Q. では次に、音楽以外で何か好きなものはありますか?

 

A. 漫画が好きですね、漫画・アニメとか凄く好きです。

 

Q. 最近特に読んでいるものはありますか?

 

A.『僕のヒーローアカデミア』とか、アツいですね。少年心をくすぐられるというか。

めちゃくちゃ大まかに言うと、主人公が、最初は全然落ちこぼれなんだけど、どんどん努力をしてのし上がっていくっていう様子が描かれてる、成長物語なんです。

そういうのを見てやっぱり自分も頑張らなあかんなっていう、気を引き締めるというか…

やっぱね、アツい漫画が好きなんですよ。

 

Q. ということは、ジャンプ系が結構好きなんですか?

 

A. ジャンプ系めちゃめちゃ好きですね。

もう結構売っちゃったんですけど、家に1000冊くらいありましたね。

でも最近、断捨離するってなって古本屋さんで惜しみながら売ったんですけど、自分のめちゃくちゃ好きな漫画が5円とかで買い取られて悲しくなりましたね。

5え…5円かぁみたいな。

 

Q. 古本あるあるですね(笑)

 

A. ですね(笑)

Q. 続いて、お店でのもりぞうさんについて質問していきます。

まずはもりぞうさんがここで働き始めるに至った経緯を教えてください。

 

A. アルバイト先を探していて、ダーツカフェ、ダーツとカフェの融合ってことで、最初はダーツバーみたいな感じのイメージを持ってて、怖いというか、やったこともない業種だったので最初入る前緊張してましたね。

で、ダーツも元々やったことなくてここで始める形になったんですけど、働いてるうちにお客様からダーツを教えて頂いたりとか、色んな方とおしゃべりしたり対戦するうちに自分がどんどんダーツにハマっていって、お客様を楽しませるようなダーツができるようになりたいなと思うようになって…

…ってちょっと違う?ちょっと違うんですけど、経緯とはズレちゃったんですけど(笑)

まあ「ダーツカフェ」っていうワード自体に興味を持ったのがきっかけですね。

 

Q. このお店は、「ダーツ」でバイト先を探していて見つけたんですか?

それとも「カフェ」で探していて見つけたんですか?

 

A. ぶっちゃけて言うと、凄く僕の家から近い所っていうので見つけました(笑)

でダーツカフェが、楽しみながらお仕事ができるという所にすごく興味を持って入りました。

 

Q. 職場が家から近いのは大事ですよね(笑)

お店に初めて来たときの、お店の第一印象はどんな感じでしたか?

 

A. ここで働く前に、下見っていうのを一切してなくて、面接の時に初めてここに来たんですけど、最初はすごくおしゃれというか、落ち着いた印象を受けましたね。

ダーツバーと違ってダーツカフェで、ゆったりしてるなって感じがありましたし、すごく働きやすそうだなって感じでしたね。

 

Q. それと絡んだ質問になるんですが、もりぞうさんから見て「ここがガーデンの良いところだな」と思う点を教えてください。

 

A. 実際に働いてて僕自身すごく働きやすい環境だなって思っていて、他のお客さんもすごく、言うたらアットホームな雰囲気であるところがガーデンの良いところかなと。

あともう1つ、今って投げ放題がすごく流行ってる状態で、ここに来るメリットって、投げ放題を一人でしているのと違って色んなお客様と対戦できるところだなと思います。

ダーツ上達するために一人でずっと投げ続けるっていうのも一つの楽しみ方だと思うんですけど、色んな人と対戦であったりおしゃべりであったり、仲良くなっていくにつれて、人の輪というか、ネットワーク、人脈が広がるっていうのがここの良いところかなと。

僕自身もすごく、ここでダーツを始めて、色々なお客様とスタッフ含めて、輪が広がったと実感してます。

 

Q.  次に、ここで働いていて良かったと思う点を教えてください。

 

A. 今言った人の輪もそうですけど、普段では味わえない色々な体験をさせてもらってます。

て言うのも、ダーツをここで始めて、好きになって、仕事の延長線上でダーツの試合にも出るようになったんですけど、それで人生の中でもすごく刺激になる体験をさせていただけて、それはここで働けなかったらできない経験をさせてもらってたので、そういうのがここで働いててよかったなと思う点ですね。

 

Q. では、ここで過ごしていて思い出に残っている出来事はありますか?

 

A. 思い出に残ってる出来事……

今やらかしエピソードしか出てきてないんですけど、それはまあ、まあ、直接お会いした時にいっぱい話すということで(笑)

そうですね…まあ言うたら毎日が思い出なんですけど…

お客様ですごい上手い方とかもいらっしゃるんですけど、その人たちに1戦でも、たまたま勝利しただけでも、目標に到達したというか、凄く嬉しかったりしますね。

あとお店の話じゃないんですけど、ダーツライブオープンっていうアマチュアの大会があって、そこでダブルスっていう、二人一組で出る大会があったんですよ。

そこで優勝させて頂いて、まあ相方とかのおかげでもあるんですけど、凄く思い出深い経験をさせて頂いたなと。

 

Q. 色々なお話、ありがとうございました。

最後に、お客様に一言メッセージを、お願いします。

 

A. いっぱいおしゃべりしましょう、ダーツしましょう!

お待ちしております!

STAFFインタビュー「もりぞう★GARDEN」へ1件のフィードバックがあります。

  1. もりぞうさん、居合わせた皆様、今日はありがとうございました!!
    ダーツライブ3とTIGER&BUNNY2コラボのゾロ目とキリ番、アニメにはない限定の画面を観れたのはもりぞうさんと一緒にダーツしてくださったみなさんのおかげです*^ー^*
    写真も動画も大事にします!
    累計ポイント1000ptを目指して、またお邪魔するかと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です